サポートしているブラウザと機能

Next.js は IE11 と全てのモダンブラウザ (Edge, Firefox, Chrome, Safari や Opera など) をサポートしており、設定は不要です。

Polyfills

IE11 の互換性に必要な polyfills を透過的に注入しています。加えて、以下を含んだ広く使われている polyfills も注入します:

これらの polyfills が依存関係に含まれている場合は、重複を避けるために本番のビルドから自動的に削除されます。

さらに Next.js では、バンドルサイズを小さくするために、これらの polyfills を必要とするブラウザに対してのみ polyfills のロードを実施します。グローバルな Web トラフィックの大部分は、これらの polyfills をダウンロードしません。

サーバーサイド Polyfills

クライアント側での fetch() に加えて、Next.js は Node.js 環境でも fetch() の polyfills を行います。 サーバー側のコード (例えば getStaticProps) では、isomorphic-unfetchnode-fetch などの polyfills を使わずに fetch() を使用できます。

カスタム Polyfills

独自のコードや外部の npm 依存関係で、ターゲットブラウザにてサポートされていない機能が必要な場合は、自分自身で polyfills を追加する必要があります。

この場合は、 Custom <App> または個々のコンポーネントに必要な 特定の polyfill のトップレベルインポートを追加する必要があります。

JavaScript の機能

Next.js では、最新の JavaScript の機能をすぐに利用できます。 ES6 featuresに加えて、下記の機能にも対応しています:

TypeScript の機能

Next.js には TypeScript のビルトインサポートがあります。ここで詳しく学びましょう.

Babel の設定のカスタマイズ (高度)

Babel の設定をカスタマイズできます。 ここで詳しく学びましょう.