レスポンスヘルパー

レスポンス (res) には、Express.js ライクなメソッドのセットが用意されています。これらは、より良い開発者体験を提供し、より手早く API エンドポイントを作成できます。次の例を見てみましょう:

export default (req, res) => {
  res.status(200).json({ name: 'Next.js' });
};

用意されているメソッドは以下の通りです:

  • res.status(code) - ステータスコードを設定するための関数です。 code は正しいHTTPステータスコードである必要があります。
  • res.json(json) - JSON レスポンスを送信します。json は正しい JSON オブジェクトである必要があります。
  • res.send(body) - HTTP レスポンスを送信します。 bodystringobject 、または Buffer である必要があります。