Next.js CLI

Next.js CLI を使用すると、アプリケーションの起動やビルド、エクスポートを行うことができます。

利用可能な CLI コマンドのリストを取得するには、プロジェクトのディレクトリ内で以下のコマンドを実行してください:

npx next -h

(npx はnpm 5.2+ 以上に組み込まれています。)

以下のように出力されます:

Usage
  $ next <command>

Available commands
  build, start, export, dev, telemetry

Options
  --version, -v   Version number
  --help, -h      Displays this message

For more information run a command with the --help flag
  $ next build --help

next コマンドには、任意の node arguments を引数として渡すことができます:

NODE_OPTIONS='--throw-deprecation' next
NODE_OPTIONS='-r esm' next
NODE_OPTIONS='--inspect' next

ビルド

next build は、アプリケーションに最適化された本番のビルドを作成します。出力にはそれぞれのルーティングに関する情報が表示されます。

  • Size – クライアントサイドのページへ移動する際にダウンロードされるアセットの数。各ルーティングのサイズには、依存関係のみが含まれます。
  • First Load JS – ページへアクセスしたときにサーバーからダウンロードされたアセットの数。すべてのアプリケーションで共有される JS の量は、別の指標として表示されます。

最初のロードは、緑色か黄色、あるいは赤色のいずれかで表示されます。緑色を目指すことは、パフォーマンスの高いアプリケーションを開発することに繋がります。

開発環境

next dev は開発モードでアプリケーションを起動し、ホットコードのリロードやエラーの報告などを行います。

アプリケーションはデフォルトで http://localhost:3000 で起動します. デフォルトのポートは、以下のように -p で変更できます:

npx next dev -p 4000

本番環境

next start は本番モードでアプリケーションを起動します。 アプリケーションはまず最初に、 next build でコンパイルされる必要があります。

アプリケーションはデフォルトで http://localhost:3000 で起動します. デフォルトのポートは、以下のように -p で変更できます:

npx next start -p 4000

遠隔測定データ

Next.js は通常、利用状況に関する完全匿名の遠隔測定データを収集しています。 匿名であるこのプログラムへの参加は任意であり、情報を共有したくない場合にはオプトアウトできます。

詳細については、 こちらのドキュメントをお読みください