AMPの静的HTMLエクスポート

next export でページの 静的HTMLエクスポート を行う(静的にプリレンダリングする)場合、 Next.js はページが AMP をサポートしているかどうかを検出し、それに応じて挙動を変更します。

例えば、ハイブリッドな AMP ページ pages/about.js は次のようにエクスポートされます:

  • out/about.html - クライアントサイドの React ランタイムを使用した HTML ページ
  • out/about.amp.html - AMP ページ

また、AMP-only のページ pages/about.js の場合は:

  • out/about.html - 最適化された AMP ページ

Next.js は、HTML ページに AMP ページへのリンクを自動的に挿入するので、以下を手動で記述する必要はありません:

<link rel="amphtml" href="/about.amp.html" />

そして、AMP ページに HTML ページへのリンクが挿入されます:

<link rel="canonical" href="/about" />

exportTrailingSlash を有効にすると、 pages/about.js は以下のようにエクスポートされます:

  • out/about/index.html - HTML ページ
  • out/about.amp/index.html - AMP ページ