アセットプレフィックスによる CDN サポート

CDNを設定するには、CDN のオリジンサーバーが Next.js がホストされているドメインを解決するように、アセットプレフィックスを設定します。

next.config.js を開き、 assetPrefix の設定を追加します:

const isProd = process.env.NODE_ENV === 'production';

module.exports = {
  // Use the CDN in production and localhost for development.
  assetPrefix: isProd ? 'https://cdn.mydomain.com' : ''
};

Next.js は読み込むスクリプトの中でプレフィックスを自動的に使用しますが、 public フォルダには何の影響もありません。 コンポーネント内で動作し、環境ごとに異なるプレフィックスを導入する方法の 1 つとして、 こちらをご参考ください。

関連事項