TypeScript のエラーを無視する

あなたのプロジェクトに TypeScript エラーが存在するとき、Next.js は プロダクションビルド (next build) に失敗します。

アプリケーションにエラーがある場合でも Next.js で危険なプロダクションコードを生成したいのであれば、組み込みの型チェック機能を無効にできます。

ビルド、またはデプロイ手順の一部として、型チェックを実行していることを必ず確認してください。確認しなかった場合、これは非常に危険です。

next.config.js を開いて、 typescript 設定内の ignoreBuildErrors オプションを有効にします:

module.exports = {
  typescript: {
    // !! 警告 !!
    // あなたのプロジェクトに型エラーがあったとしても、プロダクションビルドを正常に完了するために危険な許可をする。
    // !! 警告 !!
    ignoreBuildErrors: true
  }
};

関連事項